高級賃貸のオフィスに引っ越して感じたこと

高級賃貸のオフィスビルは駅から地下直結

創業30年の節目にオフィスを引っ越した高級賃貸のオフィスビルは駅から地下直結昔の古いビルにも別の良さがあった

1階にはだれでも利用することができるカフェや小さなスーパーが入っているので飲食には困りませんし、最寄駅からは地下通路を使えば1分でアクセスできるためとても満足しています。
特に大雨が降っても一切濡れることのない環境は社員からも好評で、高い家賃を払っているという負担より満足度の方が上回っているため、引っ越しを決意してよかったです。
セキュリティの高さはエレベーター以外にも多く実感でき、エントランスは社員ならICカードで通過することができますが、訪問客は受付で入居者とコンタクトを取った後に貰ったICカードでゲートを通ったあとは、そのままエレベーターには乗れません。
目的の企業にエレベーターを空けて貰い、目的の階に自動的に止まります。
さらにエレベーターを降りてからは専用のキーか入居している企業の担当者でなければ入室することはできないため、簡単に言えば4重セキュリティを潜り抜ける形です。
企業側からすれば人件費や時間などのコストがかかってきてしまいますが、車内の重要書類やデータを守るという観点からは万全と言ってもいいでしょう。