高級賃貸のオフィスに引っ越して感じたこと

昔の古いビルにも別の良さがあった

ジャパン・プロパティーズ : 東京都内おすすめの高級賃貸オフィス

創業30年の節目にオフィスを引っ越した高級賃貸のオフィスビルは駅から地下直結昔の古いビルにも別の良さがあった

低層階とはいえ一定以上の高さはあるので景色がとてもよく、天気のいい日は遠くの山がうっすら見えるため気分転換にもなります。
ベランダはありませんが、少しなら窓を開け閉めすることができる上、24時間稼働している換気システムがあるためコロナ禍の中でも換気に気を配る心配はありません。
近い将来は5Gの電波を利用できるエリアに指定されていますし、現在も4G(LTE)がメインなので仕事で使うデータはストレスなく通信することが可能です。
5Gになればもっと大きいデータを迅速に送受信することができるため、当分の間はこの高級賃貸から引っ越すことは考えていませんし、家賃を払えるよう最大限の努力をしています。
しかし、以前の古いビルにもいいところはあり、安い定食屋や中華料理店が近くにあったり、コンビニが多いのでエレベーターがすいていれば気軽に買い物に行けたりしていたころを懐かしく思うのが本音です。
社員にとってみればきれいで広い最先端な空間で働けるので問題ありませんが、古いなりに良いところも多かったことは、実際に引っ越してみなければ気が付かなかったでしょう。
今の高級賃貸も、出ていくときに同じ思いを感じるのかもしれません。